パテックフィリップは長く使用可能【簡単に購入できる】

世界最高の腕時計

伝統と歴史ある腕時計

男性

パテックフィリップは世界最高峰の腕時計として知られている。世界のセレブ達からこよなく愛されている腕時計であり、ステータスシンボルともなっている。1839年にスイスジュネーブで創業したパテックフィリップは、世界最古のマニュファクチュールである。マニュファクチュールとはすべての生産工程を自社のみでまかなうことである。かのロレックスも現在ではマニュファクチュールであるが、最近までモデルによってはムーブメントに他社の供給を受けていた。パテックフィリップは卓越した技術を持つ職人たちが完全手作業で生産するため、その生産量は限られ結果的に希少性を高めている。ミニッツリピーターやムーンフェイズ、ワールドタイムなどの様々な機能もデジタルではなく、パーツを組み上げて製作されているのは驚嘆の一言だ。特に世界的に見ても一握りの技術者しか製作できないとされているトゥールビヨン機構を搭載したモデルは腕時計愛好家の垂涎の的である。希少価値の高さから、パテックフィリップの腕時計は実用品としてのみならず宝飾品としても世界のユーザーから愛されている。またパテックフィリップは腕時計のみならずその卓越した技術力を活かし、カフリンクスや指輪、バックルなどの宝飾品も生産している。イエローゴールドやホワイトゴールドの素材にダイヤモンドなどの宝石をふんだんに散りばめた同社が生み出す宝飾品は美しく高貴な輝きを放つ。パテックフィリップの創業者が掲げた社是は、世界最高の時計を設計し製作する、である。創業以来178年の歳月を経たパテックフィリップが、なおも輝き続けるのは美への追及をし続けているからにほかならない。

手首周りに合うものを

ウォッチ

パテックフィリップの腕時計の購入を検討する際によく見たほうがよいのがフェイス径、文字盤の大きさです。特にカラトラバはフェイス径が大きいもので38ミリ等もあるので、購入検討時は入念に確認したほうがよいです。パテックフィリップの商品カタログページを見ていると途中で気づくのですが、パテックの腕時計は一点ごとにフェイス径が違います。パテックフィリップの同じモデルでも、型番・仕様その他により一点ごとにフェイス径が違うので驚きます。改めてカラトラバのフェイス径を見ると35ミリ前後から38ミリ以上まであり、よく考えると相当な大きさと気づきます。ですが改めて思えばパテックフィリップはスイスのブランドなので、元々の製品寸法の基準がスイス人の体格とわかります。スイス人も多様にいますが大柄な人も多いので、腕時計もこのくらい文字盤が大きいものの需要も高いとわかります。海外ブランドの腕時計を見るとわかりますが、パテックフィリップに限らずスイス製の腕時計には文字盤が大きいものが多いです。驚くことにカラトラバよりも文字盤が大きいものもあり、例えばボームアンドメルシェのクリフトン10057というモデルはフェイス径が43ミリもあります。パテックフィリップの腕時計は製品モデル多数で選ぶのに迷う人も多いですが、そんな人はフェイス径で絞るのも一案です。腕時計の購入検討時には手首周りを測り、自分の寸法によく合うものを選ぶと末永く愛用できます。

高いステータス性

時計

パテックフィリップの腕時計は、高品質な素材が使われていることから人気があります。具体的にはパテックフィリップでは、素材としてプラチナやゴールドといった貴金属を使用しています。しかも各パーツは、これらを切削するのではなく、細かく叩いて形を整えるという鍛造で作られています。切削の場合、切り口にごくわずかな溝が生じるのですが、鍛造の場合は一切生じません。その分、パーツ同士が正しく組み合いますし、それぞれが誤作動を起こすことなく正確に動くのです。また貴金属は、叩くことで小さくなり、密度が高くなります。したがって鍛造で作られたパテックフィリップのパーツには、見た目以上の量の貴金属が使われていると言えます。貴金属が凝縮されているわけですから、強度が高く、簡単には曲がったり欠けたりすることがありません。その点からもパテックフィリップの腕時計は、誤作動を起こしにくいと評価されているのです。強い衝撃を与えると歪みが生じることがありますが、そのような場合でも高い技術力で修理してもらえます。しかも永久修理保証があるため、たとえ祖父の代から使い続けていたという年季の入った腕時計でも、完璧な状態で復元されるのです。これだけ高品質で性能も良いので、価格も相応のものとなっています。数百万円から数千万円で販売されているので、パテックフィリップの腕時計を身につけていると、それだけで時計の愛好家からは一目置かれます。つまりパテックフィリップの腕時計には、高いステータス性もあるということです。